新入社員として始まる社員研修で気をつけるポイント3点?!

当たり前!あいさつは基本!

社会人になり、当たり前に行わなければいけない挨拶は、簡単なことですが、とても大切なことです。挨拶をしない新入社員や、あいさつの仕方が悪い新入社員は上司からあまり良く思われません。大きな声でハッキリとあいさつし、お辞儀をすると良いでしょう。爽やかな笑顔も付け加えると、なお良い印象を与えられます。また、接客業や取引先との仕事がある職種の場合、あいさつがしっかりと出来ると、仕事の効率もアップしてくる傾向があります。

時間厳守であること!

新入社員として始まる社員研修に、遅刻してしまうという事は、決してしてはいけないことです。1度の遅刻でさえも、やる気がないのだと思われてしまうでしょう。早めに会社に着いているくらいの気持ちで出社するようにしましょう。また、提出物の期限も必ず守りましょう。せっかく出来上がりの良い提出物でも、期限が守れなければ上司に見てもらえなくなる場合もありますし、意味がなくなってしまいます。全てにおいて早めの行動を心がけるようにしましょう。

失敗したら切り替えを!

新入社員としての社員研修で、失敗は付き物です。初めてやることばかりなので、すべてうまくいくという事は無いでしょう。そこで、上司には注意されてしまいますが、落ち込まないようにすると良いです。落ち込まずに、失敗は誠心誠意謝罪しましょう。また、謝罪した後は気持ちを切り替える必要があります。いつまでも落ち込んでいては、失敗を繰り返してしまう原因となります。気持ちを切り替えて、二度と失敗を繰り返さないように頑張りましょう。

管理職研修の重要性として、部下の教育を適切に行う上で、欠かすことが出来ない制度のひとつとして位置付けられています。