片付けをストレスにしないための三つの観点とは?

引越の日に開くダンボールを決めておくこと

引越の片付けにストレスを感じる人は大勢います。そのストレスを感じないようにするための方法として、まずは引越をしたその日に開くべきダンボールを全て決めておきましょう。生活を始めるためにすぐに必要になるものだけを入れたダンボールを用意しておくと、とりあえずは生活を始められます。衣類やおもちゃなどの後回しにできるものはさておき、基本的な生活や家事に必要なものをまずは引越当日に取り出すことを目指しましょう。

ダンボールの担当者を決めておくこと

引越の片付けで大きな作業になるのがダンボールを開梱して中身を整理することです。家族で引越をするときにはそれぞれのダンボールの担当者を決めておきましょう。自分のものは自分で整理するのを基本として、皆で使うものは一番使う頻度が高い人が開梱するという仕組みにするのがポイントです。誰か一人に負担が偏ってしまうことがなく、一人一人に責任ができるでしょう。すると、前向きに終わらせようという気持ちが湧いてくるのです。

急がないで良いと言い聞かせること

最後に重要になるのが急がないで良いと自分に言い聞かせることです。ストレスの原因は焦る気持ちであり、その自分を制止するようにしましょう。開梱を終わらせなくてもダンボールは収納として活用できます。そのため、あえて新しく整理しなおさなくてもダンボール内で整理が終わっておけばかえって便利ということもあるのです。ダンボールを目から離したいという気持ちにかられるならプラスチックボックスなどを買ってきて詰替えをするだけでも気が紛れてストレスが減るでしょう。

不用品の回収は自宅の近くまで車で来てくれる為、女性や年配の方は要らなくなったテレビやパソコン等の処理に困るような粗大ゴミを楽に廃棄する事が出来てとても便利です。