紙が違えば、仕上がりも変わる?印刷用紙の種類について

印刷用紙にも注目してみましょう

最近は印刷機が身近なものになったため、家庭で印刷することも当たり前になりましたね。しかし、印刷してみたら、イメージしていたものと仕上がりが違っていて、残念だったという経験のある方もいるかと思います。その場合、もしかしたら印刷用紙の種類に注目してみると良いかもしれません。ふだん何気なく使っている印刷用紙ですが、印刷用紙にもいろいろな種類があります。その中でも代表的な印刷用紙、上質紙、コート紙、マットコート紙の3種類について、特徴と用途をまとめました。

上質紙って、どんな紙?

まずは、上質紙についてです。上質紙とは、化学パルプの含有率が100%の紙のことで、質感は一般的なコピー用紙や模造紙のような質感をしています。紙の表面、パルプの部分にコーティング加工をしていないため、光を反射せず、文字を印刷したときに読みやすいという利点があります。しかし、インクを多く使う写真印刷などの場合は、コーティング加工がされていないことでインクのにじみが発生しやすいため、不向きです。また、筆記に向く紙のため、印刷した上から文字を書き込みたいという場合に相性が良く、会議などで使用する書類や、アンケート、情報を追加したいチラシなどの印刷に向いています。

コート紙とマットコート紙って、どんな紙?違いは?

コート紙とマットコート紙は、表面に顔料をつけてコーティングした紙で、なめらかで光沢のある印刷用紙です。どちらもインクののりが良く、発色が良いため、彩度の高いカラーの印刷物、写真などを印刷するのに向いています。マットコート紙は、コート紙より少し光沢を抑えた紙で、コート紙の質感がツルツルしているのに対し、マットコート紙は少ししっとりとした質感をしていて、落ち着いた雰囲気の印刷になります。コート紙はツルツルしている分、細かい傷や指紋などが目立ったり、筆記には不向きですが、マットコート紙は指紋などが目立たず、書き込むこともできるという利点があります。発色性はコート紙の方が高く、より高級感のある仕上がりになります。

封筒印刷は業者に依頼をかける際、封筒のサイズ、用紙の厚さ、希望納品日を依頼表に記入します。基本的には先払いで入金確認後、校正のデータが来て確認後、印刷をして商品の発送となります。